春惜しむ花達

庭や趣味農園には、春を惜しんでの花たちが、「これでもか」と思わせるほどに、華麗に咲き競っています。

玄関先に咲いている “西洋シャクナゲ”(綺麗に咲いているので、通行人が覗いて行きます)

露草と春蘭(これって、よく増えるので、困っています)
  
コンニャクの花と牧草の花
  
柿の花の蕾と、香りがとても良い、満開のミカンの花 (今年は困ってしまうくらい豊作?)
  
農場に咲く ポピー  綺麗ですよ~
  

作物の成長や、春夏秋冬の花々や、木々の変化を眺めながら、ユックリと生きる。
これって最高な人生だと Tamoyan は思っています。(価値観は、人それぞれですが ・・・・)
そんな Tamoyan の、平穏な心を傷つけるのは、隣国たちの振る舞いです。
本当に困ったものです。
戦後の敗戦国として “何かにつけての弱腰外交” が、今の付けとなって跳ね返ってしまっている。
憲法問題もしかり、”平和憲法” と言えば聞こえは良いが、憲法的に厳格に言えば自衛隊は憲法違反になる。
が、有って当たり前の組織だから、公認されている訳だが、一部の野党や少数の人々が反対している。
矢張りこの問題は憲法を改正して、スッキリすべきだと思います。(当然のことながら、他国からの攻撃に対しての、国民を守るべき法律も含めてです)
  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

栃木県 3泊4日の旅

5月7日(日)~ 10日(水)まで、栃木県の温泉地を旅してきました。

7日(日) 奥日光 湯元温泉
昨夜の霧雨もあがり、お天気はまずまず、家を7時に出発しました。
日曜日とあって、昼近くの日光市内は観光客で賑わっていました。
それを横目に通り過ぎ、いろは坂を上り中禅寺湖畔、戦場ヶ原を通り、今日の宿泊地(奥日光 湯元温泉)に到着しました。
14時近くに2時間ほどかけ、華厳の滝や、男体山・中禅寺湖と周辺の山々が展望できる高地に案内して頂きました。(ホテルの無料ツアー)
奥日光は、まだ冬の装う衣で寒く、緑の景観は全く無く、寒々しい状態でした。(山々は雪景色一色でした)
でも温泉は硫黄泉で、とても温まりました。
周辺の山と華厳の滝
  

8日(月) 鬼怒川温泉
竜頭の滝を見た後に、いろは坂を下り、日光東照宮を見物して来ました。
東照宮は、平成の大修理がだいぶ終わり、この連休前に一般公開された為に、それはそれは眩いばかりの輝きを見せ、平日にもかかわらず観光客でごった返し、まだ工事中の所も有りますが「見物して良かった~」これが感想です。
その後に、一路鬼怒川温泉にドライブしましたが、木々の新緑が日差しを浴びて、とても綺麗でした。
色鮮やかな 東照宮(陽明門) と  三猿

見えるホテルは全て廃虚と成っている(栄枯衰退?鬼怒川温泉) 鬼怒川に掛かる吊り橋
  

9日(火) 那須温泉
9時にホテルを出発しました。
良いお天気にに恵まれての高原新緑ドライブ、桜やツツジが満開でした。
14時ホテル発の周遊バスに乗って、植物園やアルパカがいるファームを観てきました。
一面のチューリップ  その中の品種名 “ あけぼの ” 
  

10日(水) 帰宅
ホテルから車で15分位の名所 “殺生石” 立ち並ぶ “千人地蔵”

9時過ぎにホテルを出て帰宅の途に、家に着いたのは16時でした。
途中でお昼寝タイムをとり、そしてスーパーマーケットで買い物して来ました。
相方にあきれられるほど、おしっこタイムを取りました。(コンビニさん、有難うございました。 団体ツアーは無理)
ノンビリ旅でしたが、4日間はあっと言う間でした。
走行距離 : 550キロ

※ ホテルの、バスの運転手さんからの情報
90歳過ぎのお爺さんが、数年前からホテルに住み着いているそうです。
当然のことですが、お客さんですので、食事、お風呂、布団の上げ下げ、室内のお掃除、シーツの交換等は、全てホテル側が行っています。
食べたい物や、買い物が有る時は、ホテルの送迎バスを利用して、出掛けているそうです。
本人とは、長期宿泊契約を結んでいて、かなり割安の宿泊代に成っているとのことです。
90歳過ぎの本人曰く「ここではイジメも無く、従業員とも仲良しで、寂しくもなく、煩わしさは全然なく、極楽生活だ」
運転手さん曰く「あの人は、たぶん長生きしそうだ!」   でしょうね ・・・ 納得!
但し、要介護や自活出来なくなったら、ホテルを出なくてはならないそうです。 
考えさせられた “情報” でしたが、・・・・ 悲しいかな、暇は有っても、先立つものが無い。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

ネモフェラの丘

気温も暖かで春爛漫、茨城県の “ 国営ひたち海浜公園 ” に行って来ました。
テレビで “ネモフィラの花が見頃 ” に誘われて、知人4人で中距離ドライブをして来ました。
園内は広大で、この時期の散策には 最高! って感じです。
芝生の緑、新緑、小鳥たちの囀り、海からのチョット冷たい風、そして小高い丘からの眺め、どれをとってもいい季節ですね。
花は 「今が最高って」 って感じでしたが、ゴールデンウイークまでは、充分に楽しめそうです。
良かったですよ。

ネモフィラの花 「圧巻でした」
  

  
とても種類が豊富なチューリップが、彩りよく植え付けられて、綺麗でした。
  

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

新緑・春爛漫なれど気分は憂つ

低気圧の発達に伴い、全国的に大荒れのお天気です。
今日はこの後、季節外れの25度近い気温になって ・・・・・ 年寄りは、身体が付いていけません。
そして一番厄介なことは、オムツが蒸れるて気分が優つになってしまうことです。
術後の経過は順調ですが、ただただオシッコが ・・・・・ これさえ無ければ団体ツアーにも参加できるのですが ・・・・ 。
庭の草花や、木々の芽吹きや新緑が Tamoyan の心と身体を癒してくれます。
農園の桃や、梨の花は満開状態、そしてミカンの花芽や、柿の花芽を眺めては、秋の収穫時期を思い浮かべて、ひとりニンマリしています。
そして広い農園では、木々に隠れて “どこでもオシッコ” これが最高に Tamoyan のモチベーションをUPさせてくれます。(笑い)
花や新緑を眺めていると、本当に生きる力を頂けます。
自然と対峙している時が、最高の幸せを感じて「どこか旅に出かけたい」それが今の心境です。
自然っていいな~

片隅にひっそりと咲いている エビネ、いま満開の シャクナゲ
  
佐倉市のチューリップ祭り、 樹齢300年、吉高の一本おお桜(旧印旛村・印西市)
  
成田山新勝寺の太鼓祭り、 小林牧場の桜並木
  

世界を見ると、本当に平和とは裏腹に「混迷期突入か」と、思わせる事がニュースに流れています。
相次ぐテロが続き、それに対応しての武力攻撃や、自国第一主義の政治、今やシリアとISと北朝鮮に、世界は振り回されている状態です。
そこに来て日本は、訳の分からない “韓国・中国・北朝鮮” を相手に ・・・・・ 「何なんだこいつら」って感じで、怒っている Tamoyan です。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

お花見の季節到来

早や!もう 一年の1 / 4 が過ぎ去った。
我が家では、蝋梅の花から始まって、梅・サンシュウ・福寿草・黄梅・馬酔木・水仙・花柊・ムスカリ・にら花・クリスマスローズ・リューキンカ・君子蘭・ボケ、花桃・等々が、目を楽しませてくれてる。(相方が好きなので、たくさんありますよー)
それと同時に、今まで枯れ木のような枝には、かわいい新芽の赤ちゃんが見えてきた。
東京では、2,3日後には桜が満開になると言うから、いよいよ桜前線が気になる。
わが農園のサクランボの花は、ほぼ終わりになったが、花桃の花が咲き出し、濃いピンクでひときわ目立っている。
散歩中に、まだ良く囀りが出来ないウグイスと遭遇した。
藪の中からおぼつか無い下手なさえずりで 「ホケホケキョ」 と何度も ・・・・ そこで私が口笛で 「ホーホケョー」 とお手本を ・・・・ いやいやこれはマズイ、私の音痴がウグイスにうつってしまったらと気付き、即やめました。(笑い)
根っから旅好きな tamoyan にとっては、これからは最高な季節です。
昨年から一足先?にオムツ生活ですが、それにも負けずに頑張っている自分を、褒めています。(笑い  お出かけの際は、道の駅や、コンビニのトイレには、お世話になっています)

君子蘭が満開にと思いきや、同じ株からまた花芽が、得した気分に ・・・・
  
シャクヤクの新芽と、マユミの若葉と花芽
  
満開のボケと、ミニスイセンの花
  

築地市場の移転問題、9800億円を投じて建設した豊洲新市場に対して、専門家委員会は “安全だ゛との結論を出した。
それに対して、小池知事は ”安心が担保された訳ではない” との見解をだした。
老朽化した築地市場を、新たに立て替えた場合は、800億円以上掛かるとの概算見積もりが出された。
安全に関しては、個人個人のメンタルなもの、9800億円を没にして、更なる800億円を投じるのか ??? 都民の血税が ・・・
これが、都民ファーストなのかなと、疑問を得ざるを得ない Tamoyanです。
それに対して大阪府の、学校法人「森友学園」の国有地売却問題で、安倍首相夫妻が関わったとか、一切かかわっていないとか、首相夫妻と籠池泰典氏が、論争を繰り広げられている。
その売却金額は、1億8000万円を、汚染土が有るために、2000万円に値引きして売却したとの部分で、話がこじれています。
もしこの話に、議員や有力者が関わったとしたら、それは大問題ですが、東京都の市場移転問題に比べたらの金額の小さいこと ・・・・ 
都税の無駄遣いはいけませんが、東京都は金持ちだな~

追加 : Fスケート世界選手権での羽生結弦選手活躍、素晴らしかったですね。
     思わず、目が熱くなりました。
     2位の宇野選手も、頑張りましたね。(将来が、楽しみですね)

  
  

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

冬景色に会いに、会津地方へ

時の経つのは早いもの、今日は東日本大震災から6年目(3月11日)、テレビの報道を見ながらブログを書き込んでします。

5日(日)から10日(金)まで、5泊6日の冬景色と温泉三昧の旅に出かけてきました。
旅先は、福島県の会津地方です。
5日(日)の8時過ぎに家を出て、ノンビリと一般道をひた走り、ホテルに着いたのは14時過ぎでした。(15時チェクイン)
時間はタップリとある老夫婦、道すがらの道の駅を渡り歩きトイレを借用し、チョットしたおやつを購入したり、お弁当を食べたりと、本当に楽しいドライブです。
郡山市から猪苗代町に通じる峠に差し掛かると、途端に雪景色が現れて心浮き浮き、スタッドレスタイヤで走る快適さに、ありがたやありがたやです。
そして到着した夕方からは雪がチラホラ、帰宅する10日(金)まで毎日雪が降りました。
でも千葉県産の老夫婦にとっては雪は新鮮で、日々変化する雪景色は感動モノでした。
毎日毎日飽きもせず車の除雪をしながら、近場の名所をドライブして回りました。(冬は冬なりに楽しかったです)
冬の裏磐梯、猪苗代湖周辺の名所(有栖川殿下の別荘・白鳥の渡り休息浜・等々)、チョット足を延ばして、冬の大内宿も素晴らしいものでした。
雪が降りしきる中での天空露天風呂には、飽きもせづ毎日毎日3度も入っていました。(何とも言えない気持ち良さでした)

そんな中で温泉に入ってチョット驚いたことが ・・・・ 今まで気が付かなかったのですが ・・・・
前立腺癌摘出手術を受けてから、半年過ぎになりました。
足のすね毛等が、何時の間にか一部を除いて無くなって、スベスベ肌になってしまいました。(以前に聞いていた事ですが、男性ホルモンの減少によって起こることだとか?)
相も変わらずオシッコの方は ・・・・・ オムツは外せません。(これが一番の困りごとです)
今回の旅での走行距離 : 706キロメートル

全面凍結した檜原湖の穴釣り風景と、磐梯山
  
沢山のカモに混じって白鳥と、猪苗代湖側から見た磐梯山
  
ホテルに付随した温室ハウス(桜や色々な花が満開でした)
  
有栖川宮殿下別邸
  
雪の中の、大内宿
  

北朝鮮が関係する、マレーシアでの金正男氏の暗殺事件や、核開発やミサイル発射事件、そして昨日決まった “ 朴韓国大統領 ゛ の罷免、相も変わらない中国の覇権主義で、東アジアは揺れまくっています。
Tamoyanに言わせると “ 本当に嫌な民族 ゛ それ以外の言葉は見つかりません。
国内では色々な事が有りますが、少なくても他国には迷惑を掛けない “気配りの国 ” 、日本っていいな~ 

カテゴリー: 未分類 | 8件のコメント

カニ食べ放題

表記の言葉に釣られ、わざわざ房総半島の突端に位置するホテルまで、一泊二日の旅に出かけてきました。
16日(木)、季節外れの暖かさで、良く晴れていました。
カーナビで、到着ホテルまでの ”最短距離” を選択し、「いざ出発!」
そもそもこの選択で、えらい目に遭いました。
途中までは行き慣れた道中でしたが、大多喜城を右に見ながら段々と心細い狭い道に ・・・・・
ヤット車一台が通れる狭さ、対向車が来ないことを祈りながらのドライブ、片側は石混じりの土手、反対側は深い沢で、神経をすり減らして運転しました。(途中、通行止めの看板で、迂回させられましたが ・・・・ カーナビの力らに頼るのみでした)
そして時々野猿が出没し、車が通過してして行くのを、珍し気に見ていました。
しばらく走ると少し開けた道に辿り着き、そして ”清澄寺” の看板を見つけ、若いころ2度ほど訪れたことを想い出しながら、立ち寄る事にしました。
img_3706  img_3707
その後は、鴨川市の海岸沿いを走り、そしてまたまた海から内陸を走らされ、13時過ぎにホテルに到着しました。(途中に、ストックやポピーのお花畑が点在していました)
チックインまでには時間があるので、館山市の ”城山公園” に行って来ました。
所々に植えられた、河津桜満開でしたが、ここには沢山の梅が植えられ、どれも満開で良い香りが漂っていました。
館山港では、明日の予定にと ”ジェット船による大島椿祭り” を組みに入れることにして、カウンターで予約をお願いしましたが、明日は満員とのことで、予約は取れませんでしたが、カウター嬢曰く 「たぶん明日は、塩が悪く欠航になる可能性が大です」 外はだいぶ風が強くなっていました。
16時、ホテルでチェックインし部屋で寛ぎ、18時にいよいよ待望の夕食会のレストランに ・・・・
そこにはびビックリの光景が、入口からの大行列が出来ていました。(しまった! 遅れを取ったか!、これほどの人気商品であったとは、思いも依りませんでした)
200名くらいの人が一斉にカニの配給室に急ぎ、両手にカニが盛られたトレイをもって、テーブルへと急ぐ姿は、チョット異様に ・・・・私もその中の一人でした。 (笑い)
その後に、じっくりと食べたい物を容器に取ってまわり、テーブルへと ・・・・・ ああ~ 食べた・食べたー  満足・満足!
その後しばらく部屋で休んでから、温泉大浴場での寛ぎのひと時 「幸せだなー」 満喫・満喫。
17日(金)、朝食後外を見ると強風が吹き荒れていました。(ジェット船による大島航路は、欠航が間違いなしでしょう)
朝風呂を浴びた後、11時にチェックアウトして外に出ると、強風でよろけそうに成る程でした。(関東は、春一番でした。気温は20度くらいあった)
帰路はカーナビに頼らず、海岸通りを ・・・・ 海は今まで見たことがない荒れようで、波頭一面が真っ白に染まって白い海、とても綺麗でした。
途中は、何か所もの道の駅を巡って、買い物をしてきました。
17時に帰宅できました。(走行距離 : 321キロ)
ミニ旅行でしたが、とても楽しい旅でした。(疲れもなく、でした)

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント